山本 竹雲 】   やまもと ちくうん   1820〜1894


文政3(1820)備前味野生まれ。本名は戈、字は中立、号は竹雲・深竹軒・夢研草堂・篆魔室・十八洞天。

篆刻を能くし、画は山水画に秀ぐれ、煎茶器の鑑識には絶大な信頼が寄せられる。

若くして四国・高松をはじめ各地を歴遊、殊に京都・越前福井に多く流寓し、晩年は京都に居住する。

福井では、料亭風月の主人・吉川帰峰を最も私淑し、福井と言えば「煎茶の本場」と言われるほど、煎茶の大流行に尽くす。

明治27(1894)427日京都東山稚児ヶ淵
(一説には深泥池)に入水し歿す、69歳。南禅寺中の天授庵に葬る。