【 武者小路 実篤 】   むしゃのこうじ さねあつ   1885〜1976


明治18(1885)512日東京生まれ。子爵・武者小路家の八男。無車と号す。

学習院高等科を卒業、東京大学文学部を中退。

明治43年志賀直哉、有島武郎らと『白樺』を創刊、白樺派の代表作家として活躍。

それまでの暗い自然主義を打ち破り、新しい理想主義を掲げて、文学史上大きな役割を演じる。

大正7年にはその主張を実践するため、宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を作るが、現実にあわず失敗する。

大正12年頃より画作を始め、昭和6年油彩画による個展を室内社で開催。昭和7年国画会会員。

戦後は同人誌『心』を創刊。

昭和26年文化勲章受章、翌27年日本芸術院会員。

昭和51(1976)49日東京で歿、90歳。

昭和6010月調布市武者小路実篤記念館が開館。