【 宇野 重吉 】   うの じゅうきち   1914〜1988


大正14(1914)福井県足羽郡下文殊村生まれ。本名は寺尾信夫。福井中学を3年で中退し上京。

昭和7年日本プロレタリア演劇研究所に入所し、東京左翼劇場『逆立つレール』で初舞台。


新協劇団、瑞穂劇団、民衆芸術劇場を経て、昭和25年滝沢修、清水将夫らと「劇団民藝」を創立する。

昭和30年『西の国の人気者』で芸術祭賞。昭和34年『運命』初演出で読売演劇賞。

昭和35年『イルクーツク物語』演出で芸術選奨。昭和38年『泰山木の木の下で』演出でテアトロン賞。

昭和47年『三人姉妹』演出で毎日芸術賞。
昭和55年『わが魂は輝く水なり』ほか演出で紀伊国屋演劇賞。

昭和56年紫綬褒章受賞。
昭和61年〜62年宇野重吉一座『三年寝太郎』『おんにょろ盛衰記』で幟を立て全国巡演する。

ふるさと福井を愛し、そのお国自慢は有名である。昭和54年福井新聞社賞、昭和63年第1号の福井県民賞を受賞。

昭和63(1988)歿、74歳。