初代 和田 和一斎 】   わだ わいちさい   1851〜1901


嘉永4(1851)大阪生まれ。本名は市松、はじめ竹雲斎、のち和一斎と号す。はじめ荒物籠を作っていたが、籠師に転じる。

明治142回内国勧業博覧会で褒状受賞。

明治27明治天皇銀婚式に際し、住吉神社より自作の果物籠を皇室に献納、その籠を賞した近衛忠熙より「和一斎」の号を授かる。

初代竹雲斎をはじめ、多くの弟子を指導。難波の呑光斎、船場の初代早川尚古斎とともに、三巨匠として知られ、明治中期の文人籠の名工として大阪竹工芸界を率いた。

明治34(1901)歿、50歳。