初代 田辺 竹雲斎 】   たなべ ちくうんさい   1877〜1937


明治10(1877)尼崎藩御典医・田辺眞常の三男に生まれる。本名は常雄。明治28年初代和田和一斎に師事する。

明治34年独立に際して、師の別号の「竹雲斎」を譲り受ける。

明治36年第5回内国博覧会に出品。
大正14年パリ万国装飾美術工芸博覧会で銅賞受賞など、内外で活躍する。

唐物風の制作をよくなし、独創の柳里恭式花籠や古矢竹の応用などに個性を発揮する。

卓越した技術を保有し、多くの弟子を育成するなど、大阪竹工界の重鎮として貢献する。


昭和11年大阪府知事より功労賞表彰。昭和12(1937)歿、60歳。