初代 御塗師屋 】   おぬしや   〜1926


本名は加藤満太郎。酔古堂と号す。福井市春山区内鍵町に住す。

大黒屋(片山桃洲)の唐物卓に感銘し、自分でも制作する。大黒屋は当時の数寄者にして、三崎玉雲と親交あり。

大正15(1926)歿、64歳。