二代 山田 樂全 】   やまだ らくぜん   1915〜


大正4(1915)生まれ。父である初代・山田樂全に師事する。昭和25年二代目樂全を襲名。

乾漆の作品を中心に、金銀蒔絵だけでなく色漆を用いて、色彩豊かで温か味のある作品を制作する。

平成4年姫路圓山記念日本工芸美術館にて、三代樂全と共に個展開催。


京都府工芸美術作家協会副理事長、京都漆芸家協会委員。