白山 松哉 】   しらやま しょうさい   1853〜1923


嘉永6(1853)922日江戸大天馬町生まれ。江戸の金属師・能登屋伊三郎(鳳龍斎義一)に、象嵌・飾職を学ぶ。

また蒔絵師・小林万次郎
(好山)および各漆工職人について、素地・塗・蒔絵下地・堆朱・螺鈿・芝山等の各技術を修得する。


明治13年起立工商会社雇員となり、「松哉」と号す。

明治14年第2回内国勧業博覧会に出品、褒状受賞。明治23年パリ万国博に出品、銀牌受賞。


3回内国勧業博覧会に出品。起立工商会社から出品された『鷺図蒔絵手箱』が妙技二等賞受賞。

明治33年パリ万国博覧会に出品、名誉大賞受賞。明治36年第5回内国勧業博覧会に出品、二等賞牌。

明治39年帝室技芸員を拝命。
東京美術学校教授。彫刻競技会、日本美術展審査員。

大正12(1923)87日歿、69歳。