三代 徳田 八十吉 】   とくだ やそきち   1933〜2009


昭和8(1933)914日石川県生まれ。本名は正彦、号は柳雨軒。

金沢美術大学を卒業後、初代および二代八十吉に師事し作陶を学ぶ。


釉彩、燿彩、碧明釉を得意とする。
昭和58年三代八十吉を襲名する。

日本工芸会展総裁賞、NHK会長賞、日陶展秩父宮賜杯、日本陶磁器協会賞、藤原啓賞、MOA大賞などを受賞。文化庁買上。外務大臣表彰。

日本工芸会正会員、石川県陶芸協会長、一水会運営委員。紫綬褒章受章。

平成9年「彩釉磁器」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。

平成21(2009)826日歿、75歳。