加藤 卓男 】   かとう たくお   1917〜2005


大正6(1917)912日岐阜県生まれ。五代・加藤幸兵衛の長男。

古代ペルシャ陶器の研究に取り組み、白釉地に黄金色に輝く彩画が施され、幻の陶器と呼ばれた「ラスター彩」の再現に成功する。

また正倉院三彩の復元事業に参加し『三彩鼓胴』『二彩鉢』を完成。
青釉などの技法の復元にも成功する。

昭和39年美濃陶芸協会を設立し、初代会長に就任。日展特選北斗賞、現代工芸賞、文部大臣賞など受賞。日展評議員・審査員、日本工芸会正会員・参与。

日本新工芸家連盟顧問。美濃陶芸協会名誉会長。紫綬褒章受章。

平成7531日「三彩」で重要無形文化財(人間国宝)に認定される。

平成17(2005)111日岐阜県で歿、87歳。