【 清水 保孝 】   しみず やすたか   1947〜


昭和22(1947)1031日京都市生まれ。昭和45年龍谷大学文学部史学科を卒業。昭和46年父・清水卯一(人間国宝)に師事する。

昭和47年第19回日本伝統工芸展に初入選。昭和48年日本工芸会近畿支部展で近畿支部長賞。

昭和50年日本陶芸展に入選、日本工芸会正会員。昭和52年第6回日本工芸会近畿支部展から3回連続で日経奨励賞を受賞。


昭和56年第10回日本工芸会近畿支部展で松下賞。昭和57年日本工芸会近畿支部展特待に推挙。

昭和61年日本橋三越本店で第1回個展を開催。昭和62年日本工芸会近畿支部展鑑査委員。

平成4年「京都工芸の新世代」展に出品。平成6年『藍釉銀彩亀遊文大鉢』が京都府に収蔵。

日本伝統工芸展入選36回。日本工芸会正会員・理事。