【 田村 耕一 】   たむら こういち   1918〜1987


大正7(1918)621日栃木県佐野市生まれ。昭和16年東京美術学校図案科を卒業。昭和21年京都松風研究所に入所、富本憲吉に師事。

昭和23年郷里の赤見窯の創業に参加。栃木県芸術祭で芸術祭賞を受け、浜田庄司に認められる。


昭和25年栃木県窯業指導所技官となり、同28年佐野の自宅に登窯を築窯する。

昭和31年、33年日本現代陶芸展で朝日新聞社賞、日本陶磁協会賞を受賞。

昭和35年、36年日本伝統工芸展で奨励賞を受賞。昭和37年日本工芸会正会員、のち副理事長・陶芸部部長をつとめる。

昭和42年イスタンブール国際陶芸展グランプリ。

昭和52年東京芸術大学教授、のち名誉教授。昭和61年「鉄絵」で重要無形文化財に認定される。

鉄釉で紋様を表現する技法を基本としながら、そこに色彩を加える独自の作風を確立する。

昭和62年(1987)1月3日栃木県佐野市で歿、68歳。