小山 富士夫 】   こやま ふじお   1900〜1975


明治33(1900)324日岡山県玉島町生まれ。大正12年東京商科大学を中退、瀬戸・京都で作陶を学び、大正14年京都で独立、作陶活動に入る。

昭和5年東洋陶磁研究所所員となる。昭和16年東京帝室博物館(現東京国立博物館)に勤務。

中国河北省で「幻の窯」といわれた宋代の定窯白磁の窯跡を発見。また日本六古窯など各地の古陶磁窯の調査研究に専念する。

文化財保護委員会調査官としても活躍する。


昭和36年重要文化財に推した『永仁の壷』が贋作だったことが判明、責任をとり調査官を辞任する。

この間、日本陶磁学会や日本工芸会の設立に尽力。

昭和39年作陶活動を再開する。
昭和42年日本工芸会理事長に就任。

昭和47年土岐市に「花の木窯」を築窯。昭和48年東洋陶磁学会の設立に伴い委員長就任。

陶磁研究において大いなる功績を残し、晩年は個性的な作風を展開する。


昭和50(1975)107日岐阜県土岐市で歿75歳。