木村 盛和 】   きむら もりかず   1921〜


大正10(1921)615日京都生まれ。昭和12年国立京都陶磁器試験所で澤村滋郎の助手をつとめ、鉄釉の基礎的研究に従事する。

昭和21年京都市五条坂に陶房を築き、天目釉を中心とした茶碗、花器、壷などを制作する。

昭和37年プラハ国際陶芸展で入賞。昭和39年日本伝統工芸展で優秀賞受賞。

昭和51年福井県丹生郡朝日町(越前町)佐々生に移り、小倉見窯を築窯。

油滴天目釉、木の葉天目釉の第一人者として全国各地を歩き、岩石・鉱物・陶土の丹作と研究を続ける。

また、伝統をふまえた美を追求する「工芸懇話会」の会長として活躍中。