【 平櫛 田中 】   ひらぐし でんちゅう   1872〜1979


明治5(1872)岡山県井原市生まれ。幼名は田中倬太郎、養子となり田中と号す。

明治19年大阪の小間物問屋・備貞に奉公に入り、明治2621歳のとき、大阪の人形師・中谷省吾に木彫の手ほどきを受ける。

明治30年上京して高村光雲の門下となり、新海竹太郎、米原雲海、山崎朝雲らと親交を深める。

明治31年頃から日本美術協会展に出品。

明治40年岡倉天心のきも入りで高村光雲門下の米原雲海同志6名と「日本彫刻会」の結成に参加。

明治41年秋の日本彫刻会第1回展に『活人箭』を出品、岡倉天心に推奨を受ける。


昭和12年帝国芸術院会員。昭和19年帝室技芸員。

昭和19年〜52年東京美術学校教授をつとめる。
昭和33年より日展顧問。昭和37年文化勲章受章。

日本の仏像などに受け継がれてきた木彫を深く研究し、それに西洋彫刻の近代的写実を取り入れ、独自の新しい彫技による近代日本の木彫芸術を確立。

昭和54(1979)歿、107歳。