【 雨田 光平 】   あまだ こうへい   1893〜1985


明治26(1893)福井市相生町生まれ。号は禎之。明治44年東京美術学校彫刻科に入学、同年鈴木鼓村の筝曲京極流に入門。

美術学校の卒業制作『女の顔』が、第6回文展に入選、文部省買上となる。

大正9年渡米、4年の滞在後渡仏し、ハーピストのマルセル・ツールニエに師事、ハープを学ぶ。

藤田嗣治や日名子実三らと交遊し、キュービズムやロシア構成主義の台頭するヨーロッパ彫刻界で、彫刻の研鑚を積む。

帰国後、美術評論を手がけながら「構造社」に所属し、戦争まで構造社展や帝展、新文展に構造主義的な作品を発表。一貫して彫刻本来のフォルムとマッスを追求する。


戦時中、戦災を避けて帰福し、以後福井に住む。福井県文化賞受賞、勲五等双光旭日章受章。昭和54年福井市名誉市民第1号となる。

昭和60(1985)歿、92歳。