【 平井 汲哉 】   ひらい きゅうさい   1879〜1938


明治12(1879)大阪市生まれ。父・半仙に師事する。36歳の時、近衛尊覚公に献上の際、「鳩斎」の号を拝領する。

大正14(1925)パリ万国博覧会(現代装飾美術工芸博覧会)に彫刻竹花生『平和の女神』を出品し、銅賞を受賞する。

昭和2(1927)「鳩斎」から「汲哉」に改号する。「鳩友社」を主宰し、鉄筆家の育成にも尽力する。

昭和13(1938)歿、59歳。