【 名村 定志 】   なむら さだし   1902〜1989


明治35(1902)福井市生まれ。旧姓は田中氏。大正11年土岡秀太郎・木下秀一郎らと「北荘画会」を結成。

のち鈴木千久馬に師事する。
高校の美術教師をしながら絵を描く。

昭和8年帝展に初入選。昭和13年「六社会」を結成。

戦後上京し、日展で連続入選しながら、創元会の委員として活躍する。
昭和37年無所属となり、個展を中心に作品を発表。

作品が戦前戦後を通じて、風景を主題にしたものが多く、一時抽象画を描くが、晩年には単純化された明るい風景画を描く。

昭和58年には、東京セントラル・アネックスで回顧展を開催。

平成元年(1989)歿、87歳。