【 豊田 三郎 】   とよだ さぶろう   1908〜


明治41(1908)918日福井県美山町生まれ。帝国美術学校(武蔵野美術大学)西洋画科を卒業。

昭和25年郷里にて中学校の美術教員となる。


昭和39年示現会に初出品、会友となり、のち会員。昭和61年東京銀座・大倉画廊で第1回個展を開催。

平成元年サロン・ド・パリ展に「ふるさとの山河」で大賞。平成3年ニューヨーク・ジャパン ベストアーティスト展に「早春」でグランプリ賞を受賞。


平成6年『うるわしき山河と共に-画業60-豊田三郎近作展』を福井県立美術館で開催。

平成8年フランス平和芸術大賞を受賞。

この他に、インターアート芸術名誉賞、国際芸術大賞、国際都市美術展大賞、国際交流栄誉作家賞、中国故宮博物院開院70周年記念賞、フィレンツェ芸術祭典栄誉賞およびファンタジア・リッカ賞など多数受賞。

彩珠会会員。
福井新聞社文化賞、げんでん文化賞、若越美術大賞。