【 鈴木 千久馬 】   すずき ちくま   1894〜1979


明治27(1894)福井市老松町(現宝永町)生まれ。藤島武二に師事して、大正10年東京美術学校西洋画科を卒業する。

大正10年第2回帝展で初入選。大正14年第6回帝展から3年連続して特選を受賞。

昭和16年には「創元会」を大久保作次郎、中村和高らと結成、同会の代表的作家として知られる。


昭和31年第12回日展出品作『てっせん』で、翌年日本芸術院賞を受賞する。昭和47年日本芸術院会員となる。

東洋画のもつ淡白な味わいにひかれ、日本的フォーヴといわれる独自の世界を築く。

帝展・日展審査員、日展評議員・顧問を歴任する。昭和54(1979)東京で歿、86歳。