【 南條 文雄 】   なんじょう ぶんゆう   1849〜1927


嘉永2(1849)512日美濃国大垣船町の誓運寺英順の三男に生れる。幼名は恪丸・恪順、号は碩果。

明治元年京都東本願寺・高倉学寮に入り、翌年帰郷。

明治4年高倉学寮で教鞭を取っていた憶念寺南條神興の養子に入り、得度し文雄と改名する。


明治9年笠原研寿とともに渡英、オックスフォード大学のマックス・ミュラーのもとでサンスクリット(梵語学)の研究に従事。

明治16年英国で出版された「大明三蔵聖教目録」は「Nanjo-Catalog」を称され、大きな評価を得る。

明治18年東京帝国大学文科大学で梵語学の嘱託講師をつとめ、明治22年文部省より日本第1号の文学博士の称号を授与される。


明治36年初代学監・長清満之の後を受けて、東京巣鴨の真宗大学(大谷大学)の第2代学監に就任。

その後京都に戻った同大学の学長をつとめ、学事体制の整備を進めつつ、仏教学・東洋学の学界における近代的な仏教研究の必要性を説き、その教育・普及に尽力する。

昭和2(1927)119日遷化、78歳。正四位に叙せられる。