【 皆吉 爽雨 】   みなよし そうう   1902〜1983


明治35(1902)福井生まれ。丸岡町・三国町で育つ。本名は大太郎。

大正8年旧制福井中学卒業後、大阪住友電気就職。高濱虚子に入門、写生派俳人として頭角を表す。『山茶花』を創刊、編集のち選者となる。

昭和20年上京し、翌年『雪解』を創刊。同誌は平成2年に525号、門下2000人におよぶ。

第1回陀忽賞を受賞。
昭和54年勲四等旭日章を受章。昭和58(1983)歿、80歳。