【 俵 万智 】   たわら まち   1962〜


昭和37(1962)1231日大阪府門真市生まれ。

福井県立藤島高校、早稲田大学第一文学部国文学科を卒業。大学在学中から短歌を作り、佐佐木幸綱に師事する。

昭和60年神奈川県立橋本高校教諭時代に『野球ゲーム』で第31回角川短歌賞次席、その奔放で斬新な表現が歌壇の話題をさらう。

昭和61年『八月の朝』で第32回角川短歌賞受賞。

昭和62年発行の第一歌集『サラダ記念日』が異例の大ベストセラーとなって社会現象を引き起こし、口語短歌の裾野を一気に広げた。

日常会話で使われるカタカナを巧みに使い、親しみやすい歌風は多くの人々の心をつかむ。

平成15年初の小説『トリアングル』が読売新聞に連載され、阿木燿子監督の『TANNKA短歌』として映画化される。

平成18年より宮城県仙台市に住す。