【 岡田 啓介 】   おかだ けいすけ   1868〜1952


慶応4(1868)福井市手寄町生まれ。福井藩士・岡田喜藤太の長男。旧制福井中学卒業。明治22年海軍兵学校を卒業。

日清戦争では、海軍少尉で出征、豊島沖海戦と黄海の大海戦に参加。


明治34年海軍大学校甲種卒業、日露戦争では春日副長として、日本海大海戦に従軍する。その後、海軍大学校教官、水雷学校長などを歴任する。

大正2年海軍少将に任ぜられ、さらに海軍省人事局長、同省艦政局長を経る。

大正13年海軍大将、連合艦隊司令長官となる。

昭和2年田中一義内閣、昭和7年斎藤実内閣の海軍大臣に就任、政治的手腕が認められる。

昭和9年大命降下により、第31代内閣総理大臣。昭和11年二・二六事件により、内閣総辞職。

のち重臣として、第二次世界大戦末期には、東條英機内閣打倒を工作する。

昭和204月成立の鈴木内閣に女婿の迫水久常を書記官長に推し、戦争終結に影響力を発揮する。

昭和27(1952)歿、85歳。