【 平泉 澄 】   ひらいずみ きよし   1895〜1984


明治28(1895)216日福井県平泉寺村生まれ。号は布布木の屋・寒林子・白山隠士。

東京帝国大学文学部を卒業、昭和10年同大学教授。日本中世史を専門とし、戦前・戦中には皇国史観を主導し、政治・社会・学界に大きな影響を与える。

終戦で教授の席を離れて、郷里に戻り、中世精神史、神道の研究、執筆活動を続ける。

平泉寺白山神社第代宮司、名誉宮司。皇學館大学学事顧問。文学博士。

名前の「澄」は白山の開祖・泰澄に由来する。昭和59(1984)218日歿、89歳。