【 奥谷 秋石 】   おくたに しゅうせき   1871~1936


明治4(1871)大阪生まれ。本名は常次郎(常治郎・恒一郎)、秋石・洗耳洞・曲水園と号す。

はじめ重春塘、のち森寛斎に師事し円山派を学ぶ。

早くから橋本雅邦、川端玉章を主領とした青年絵画協会や日本絵画協会等に出品し受賞を重ねる。山水画を得意とし、その技を磨いて一家を成す。


また家塾を開いて門弟の養成に尽力する。明治44年日月会展で日月賞を受賞。昭和5年第2回聖徳太子奉讃美術展に『白雲紅樹』で入選。

昭和11(1936)歿、65歳。