【 田中 以知庵 】   たなか いちあん   1893〜1958


明治26(1893)7月東京本所生まれ。本名は兼次郎、一庵とも号す。

明治42年松本楓湖に師事、速水御舟らと親交する。巽画会展・紅児会展・美術研精会展に入選を重ねる。

また釋宗活のもと禅を学び、大正元年「咄哉」の号を受ける。

大正3年美術研精会審査員。
大正8年「木鐸会」を結成。

昭和4年小室翠雲の推挙で日本南画院同人となる。昭和6年雅号を「咄哉州」とする。

昭和13年第2回新文展に『仙苑』を無鑑査出品し、官展にデビュー。以後、新文展・紀元2600年奉祝美術展・戦時特別文展に出品。

昭和21年から「以知庵」と雅号を改める。

4回日展から第13回日展まで連続依嘱出品。6回日展には初の審査員として『白夜』を出品。

また再興された日本美術協会展のほか、個展や酒井三良・富取風堂との三人展にも独特の味を持つ風景画を出品する。

昭和33(1958)神奈川県川崎市で歿、64歳。