【 青木 大乗 】   あおき だいじょう   1891〜1979


明治24(1891)51日大阪市天王寺生まれ。本名は精一郎、はじめ宏峰と号す。

大正元年京都に出て、関西美術院で洋画を、京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大)で日本画を学ぶ。

大正13年大阪で新燈社洋画研究所を開設、定期展を開催するが、昭和10年解散して日本画に転向。

昭和12年結城素明、川崎小虎と「大日美術院」を結成、第1回定期展を東京府美術館で開催する。


昭和27年大日美術院を解散、以後は無所属作家として、個展を中心に精力的に制作発表を続ける。

初期は克明な写実描写と油絵の技法も加味し、晩年は水墨画に新境地をみせ、力強く奔放な大画面は日本画壇でも異色の存在である。

昭和38年大阪芸術賞を受賞。昭和44年回顧展が日本橋・高島屋ほかで開催。さらに昭和48年水墨画展、50年墨彩展、53年米寿記念展を開催する。

昭和54(1979)45日兵庫県川西市で歿、87歳。