【 酒井 三良 】   さかい さぶろう   1897〜1969


明治30(1897)216日福島県大沼郡生まれ。本名は三郎。はじめ梧水、のち三良子と号す。

明治44年上京、同郷の画家・坂内青嵐に師事、日本美術院第3回習作展に入選する。

大正8年「福陽美術会」の結成に参加、第2回国画創作協会展で初入選。

大正10年小川芋銭と出会う。芋銭のすすめで再興第8回院展に出品し、初入選。大正13年日本美術院同人。以後、院展に出品する。

昭和13年私淑した芋銭を失い、以後奥村土牛らと京都・奈良・熊野・南紀・木曾・東北と足繁く旅行。


戦後は横山大観のすすめで、昭和21年茨城県五浦の大観別荘に移り、院展に出品を続ける。

昭和33年日本美術院評議員、昭和36年日本美術院監事となり、昭和37年第47回院展に『かまくら』で文部大臣賞を受賞。

潤いを帯びた筆致と平明な面とで構成し、淡彩と墨彩の素直な表現で、清新な詩情性のある農村の生活や自然を描いき続けた。


昭和44(1969)68日東京で歿、72歳。