【 望月 玉溪 】   もちづき ぎょっけい   1874〜1938


明治7(1874)京都生まれ。日本画家・望月玉泉の子。本名は重信(重蔵)、別に玉禅と号す。父に師事し、指導を受ける。

明治29年日本絵画協会第1回絵画共進会に『興津望岳真景』で二等褒状を受賞。

日本美術協会会員、日本画会会員として活躍、京都美術協会終身会員となる。

昭和13年(1938)歿、64歳。