【 堂本 印象 】   どうもと いんしょう   1892〜1975


明治24(1892)1225日京都市生まれ。本名は三之助。京都市立絵画専門学校本科・研究科を卒業後、西山翠嶂に師事する。

大正8年第1回帝展から出品、大正10年『調鞠図』で特選、大正14年『華厳』で帝国美術院賞を受賞。

昭和19年帝室技芸員、昭和25年日本芸術院会員。昭和36年文化勲章を受章、文化功労者となる。

この間、中国・朝鮮に遊び、昭和27年には欧州巡歴。

はじめ日本や東洋の古典を、清新な感覚と華麗な色彩によって表現するが、戦後は伝統的な画風から抽象化へ向かい、次第と日本画における純粋抽象を追求する。

京都市立美術工業学校、京都市立絵画専門学校の教授を歴任、後進の指導に尽力する。また「東丘社」を主宰。日展理事・顧問。


昭和50(1975)95日京都市で歿、83歳。