【 池田 遥邨 】   いけだ ようそん   1895〜1987


明治28(1895)111日岡山県生まれ。本名は昇一。はじめ松原三五郎の天彩画塾で洋画を学ぶ。

大正3年第8回文展に水彩画で入選。のち同郷の小野竹喬をたよって京都に出て、竹内栖鳳の「竹杖会」に入塾する。


大正8年第1回帝展に日本画で入選。

大正10年京都市立絵画専門学校入学。また京都市立外国語学校仏文科にも通う。この頃からムンクやゴヤの影響を受ける。

昭和3年第9回帝展、昭和5年第11回帝展で特選。

昭和11年京都市立絵画専門学校助教授をつとめ、後進の指導にあたる。


のち「烏城会」「水明会」「青塔社」を結成。斬新な構図と柔軟な筆使いによる、軽妙洒脱な作品を描く。

新文展・日展審査員を歴任。日展顧問。
昭和35年日本芸術院賞。昭和51年芸術院会員。

昭和59年文化功労者。昭和62年文化勲章受章。

昭和62(1987)926日京都で歿、92歳。