【 山田 介堂 】   やまだ かいどう   1870〜1924


明治3(1870)福井県丸岡生まれ。通称は巳三郎。生家は旧丸岡藩家老職を代々つとめていた。

幼少より画を好み、京都に出て播州明石の細谷玄斎に画を学ぶ。

玄斎歿後は、富岡鐵齋に南画の修得を切望したが受け入れられず、京都鳩居堂主人による紹介の労により、門弟同様の指導を受ける。


明治44年第5回文展に『万竿烟雨』で褒状受賞。

大正元年第6回文展第1科に『積翠塔影』で褒状、大正3年第8回文展に『清渓漁隠』で褒状受賞。

後年、片眼が失明し「隻玉道人」と号す。


大正10年池田桂仙、河野秋邨、田近竹邨、水田竹圃らと「日本南画院」を結成する。池田桂仙、田近竹邨とともに京都南画壇の三元老と称される。

大正13年日本南画院を脱退。大正13(1924)917日京都市で歿、56歳。