【 梥本 一洋 】   まつもと いちよう   1893~1952


明治26(1893)1129日京都市生まれ。本名は謹之助。

京都市立美術工芸学校絵画科、京都市立絵画専門学校を卒業後、山元春擧、川村曼舟に師事し、「早苗会」で研鑽を積む。

大正4年第9回文展に「壬生狂言の楽屋」で初入選、翌5年第10回文展に「送り火」で入選する。

昭和2年第8回帝展に「蝉丸」、翌3年第9回帝展に「餞春」で連続特選を受賞、翌4年帝展推薦となる。

初期には古典文学に取材した物語絵・歴史風俗画を制作するが、やがて近代的な大和絵をめざす。


昭和8年第14回帝展に初の審査員として出品。

昭和11年以降、文展で展覧会委員、審査員となる。

昭和18年「早苗会」の解散とともに「耕人社」を主宰、また京都市立絵画専門学校助教授・教授として後進の指導に尽力する。


戦後は日展審査員、運営会参事をつとめる。昭和27(1952)39日歿、58歳。