【 橋本 関雪 】   はしもと かんせつ   1883〜1945


明治16(1883)1110日兵庫県神戸市生まれ。明石藩士・橋本海関の長男。幼名は成常、のち関一。

幼少から中国古典や書画の素養を身につける。
明治28年片岡公曠の門に学び、のち竹内栖鳳塾「竹杖会」へ入熟し、四条派を学ぶ。

大正5年第10回文展に『寒山拾得』で特選。大正6年第11回文展に『倪雲林』で連続特選。

昭和9年帝室技芸員、昭和10年帝国美術院会員。

絵画研究のため、中国や欧州をたびたび訪ねては、積極的に異文化に接し独自の画境を開いく。


また詩歌にも秀れ、中国や日本の故事を描くが、やがて動物画へと移行して数々の名品を制作。

京都にあって一人画壇から離れた位置にありながら、晩年は新南画と呼ばれる画風を深める。

昭和20(1945)226日京都で歿、61歳。