【 金島 桂華 】   かなしま けいか   1892〜1974


明治25(1892)625日広島県生まれ。本名は政太。大阪に出て、西家桂州に手ほどきを受け、のち平井直水に師事する。

明治44年竹内栖鳳の画塾に入塾する。

大正7年第12回文展に『叢』で初入選。

大正12年日本美術展に『花鳥図』で日展賞を受賞。

大正14年第6回帝展に『芥子』で特選。

昭和2年第8回、昭和3年第9回帝展で連続特選、昭和4年帝展推薦となる。

昭和5年京都市立美術工芸学校教諭となる。九名会展、春虹会展、海外日本画展に出品を重ねる。

昭和28年第3回芸能選奨文部大臣賞を受賞。

昭和29年第10回日本芸術院賞を受賞。

昭和34年日本芸術院会員となる。

徹底した写実に立脚しつつ、新しい感覚と豊な色彩による、格調高い花鳥作品に挑み続けた。また画塾「衣笠会」を主宰し、後進の指導にも尽力する。

日展理事・顧問、京都市文化功労者。昭和49(1974)9月京都で歿、82歳。