【 石川 晴彦 】   いしかわ はるひこ   1901〜1980


明治34年(1901)51日京都生まれ。本名は利治。大正3年京都市美術工芸学校絵画科に入学。

大正7年国画創作協会第1回展の村上華岳や入江波光の作品を見て感激、影響を受ける。

大正8年波光に師事、やがてデューラーやホルバイン風の細密描写を試みる。

大正12年『父母の肖像』などが博覧会で受賞、また波光らの賛助で「生作社」を結成、グループ展を開催し、華岳に認められる。

大正13年国画創作協会第4回展に『老女』『顔』で初入選。

大正14年六甲山麓の華岳の画室に移住し、華岳の指導のもと「聖拙社」を結成、第1回展に『少女の横顔』を出品する。

大正15年国画創作協会第5回展で再び入選する。

昭和3年国画創作協会が解散、「新樹社」の結成に会員として参加し、第1回展に『小女』を出品。

以後公募展から離れ、昭和11年頃から始めた仏画や、水墨の山水画を中心に、個展で発表し続ける。

昭和55(1980)411日大阪府池田で歿、78歳。